2010年03月26日

小林議員辞職勧告案提出へ 自民が検討(産経新聞)

 自民党は23日、北海道教職員組合(北教組)をめぐる政治資金規正法違反事件で、選挙陣営の幹部らが起訴された民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の議員辞職勧告決議案の提出の検討に入った。同時に、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題に対する追及を再度、強める姿勢をみせている。

 大島理森幹事長は23日の党役員会で、小林氏の議員辞職勧告決議案の提出を検討するよう川崎二郎国対委員長に指示した。谷垣禎一総裁も川崎氏を通じ、参院予算委員会の審議で小林氏の問題を追及するよう指示した。

普天間 米、現行案履行要求へ 下旬の外相会談 変更なら継続使用(産経新聞)
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表−環境省(時事通信)
<将棋>久保棋王勝ち最終局へ 棋王戦第4局(毎日新聞)
<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ−分権委(時事通信)
posted by ワキタ ヒロシ at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。