2010年04月12日

外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)

 外国人への地方参政権付与や夫婦別姓に反対する女性を中心とした市民団体「日本の子供の未来を・守る会」(本部・福岡県)が7日、東京支部を発足させ、都庁で発足の会見を開いた。

 淡路若代東京支部代表は「民主党政権下で進められている政策は家庭を守る主婦として納得がいかない」とした上で、外国人参政権や夫婦別姓について、「都民に現状を正しく知らせなければ取り返しのつかないことになる」と訴えた。

 会は2月に発足。全国20支部に拡大している。東京支部には約250人の会員がおり、うち9割が女性だという。東京支部では今後、街頭活動のほか区市町村に、外国人参政権や夫婦別姓の賛否を問うアンケートを実施するとしている。

スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」(産経新聞)
<放鳥トキ>卵は2個 別のペアも産卵か…新潟・佐渡(毎日新聞)
中朝国境 苛烈な情報戦 住民、携帯で「ゲリラ通話」(産経新聞)
損賠提訴 自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
posted by ワキタ ヒロシ at 13:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。