2010年05月27日

普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が反発を強めていることについて、「連立を維持できるようこれからも協議を続けていきたい。連立はしっかり維持されると考えている」と述べた。

 その上で「現在の朝鮮半島情勢の中で日米の同盟関係をしっかりと維持するメッセージは非常に重要だ。(日米関係)先行ではない。大事にしなければならない」と述べ、日米関係の重要性を重ねて訴えた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」
鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁
米紙「オバマ政権の勝利」 首相の辺野古移設表明
虐待が子供に与える「傷」とは?

裁判員制度施行から1年 死刑、無罪はゼロ(産経新聞)
パトカー追跡の車が事故=男性重体、同乗の男児も軽傷―奈良県警(時事通信)
首相、沖縄知事と会談=日米合意内容を説明―普天間(時事通信)
福島氏は首相判断尊重を=岡田外相(時事通信)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
posted by ワキタ ヒロシ at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。